代表挨拶

・クオリティーライズとは(設立理由)

「クオリティーライズ」とは私が作った造語で、「クオリティー」は「質」、「ライズ」は「上昇する」といった意味があります。十数年間作業療法士として働いてきた経験をもとに「介護の質」、「仕事の質」、「会社の質」等、「様々な質」の向上を追求する志を込めて社名とし設立いたしました。

 

・クオリティーライズの思い(考え方)

私の好きな言葉に「脚下照顧」という四字熟語があります。「脚下」とは「足元」、「照顧」とは「反省する・しっかり見つめなおす」という意味があります。つまり「どんな時でも自分の足元を見つめよく考えなさい」という教えと思っております。「脚下照顧」の初心を忘れず、不断の努力を続け仕事に臨んでまいります。

 

・クオリティーライズの願い(今後の展望)

事業の柱を介護保険に置く経営がますます厳しくなることは容易に想像がつきます。新たな事業展開として考えているのが今回発売する「ケア・キャッチ」など、介護現場のICT化を目指す「介護システム・ロボット」の開発・提供事業です。現場の経験、多くの皆様から頂いたアドバイスを生かしながら介護の実態に根差した自社製品の開発を積極的に進めてまいります。

 


(同)クオリティーライズ

代表社員 溝 部  和