新しい技術 ~口腔ケア~

新しい技術 MA-T® (Matching Transformation system)

新型コロナウイルス対策にも、明るい話題があり、MA-T® (Matching Transformation system)による新しい技術です。MA-T®はシステムであり、亜塩素酸イオンを活性化する酸化制御技術により、制御された水性ラジカルが必要な時に必要な量だけ生成する「要時生成型亜塩素酸イオン水溶液」で、アルコールや次亜塩素酸ナトリウム等に比して、可燃性や揮発性もなく、飲み込んでも、肌につけても有害性はないことから、「すごい水」として発売もされており、日常のマットや衣類の「除菌消臭剤」として持続的効果が期待されるソリューションです。

新しい口腔ケア

新・⽣活習慣普及促進研究会のワーキンググループ「口腔ケア」では、通常は99.9%ただの“水”として存在し、水とほぼ同じ安全性を有していながら、その噴射対象に菌やウイルスがいた場合、優れた除菌・消臭効果を発揮しする「すごい水(MA-T® System)」の議論や普及促進が行われています。

MA-T® (Matching Transformation system)はシステムであり、亜塩素酸イオンを活性化する酸化制御技術による、制御された水性ラジカルが必要な時に必要な量だけ生成する仕組みによる「要時生成型亜塩素酸イオン水溶液」で、アルコールや次亜塩素酸ナトリウム等に比して、可燃性や腐食性、揮発性もなく、飲み込んでも、肌につけても有害性はないことから、日常の口腔ケアやマットや衣類の除菌消臭への持続的効果が期待されるソリューションです。

新型コロナウイルスと口腔ケア

米国の研究チームは、3月25日付のnature medicineにて、頬の内側や歯茎、唾液腺を含む口部に新型コロナウイルスが感染する証拠を発見したと明らかにし、唾液を通じて体内に感染が広がる可能性も指摘しています。

一方、新・生活習慣研究会のメンバーである大阪大学大学院歯学研究科の阪井丘芳教授は、2020年に「口腔・咽頭粘膜はSARS-CoV-2の侵入経路になり、唾液腺はその貯留庫になる可能性が高い」ことを日本抗加齢医学会で発表し、唾液腺に着目した不顕性誤嚥による重症感染を防ぐため、同じく大阪大学にて、その水性ラジカル生成機構が解明されたMA-T® (Matching Transformation)システムを用いた新たな口腔ケアを提起しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です